鹿沼市議会議員選挙2019・ネット選挙事例の考察

ネット選挙の事例

先日行われた、「鹿沼市議会議員選挙」。

メルマガに書いた考察を、ブログに追記して公開します。

 

注目していたのは鹿沼市議会議員選挙の佐藤誠氏

 

NHKから国民を守る党から候補が出ていることで注目されていましたが…

僕は別の候補者に注目していました。

そこで、インターネットが鹿沼市議会議員選挙に与える影響について動画で解説してみました。

個人的には…

「佐藤誠」氏がトップ当選する可能性があると思っていたのです。

 

鹿沼市議会議員選挙2019の予想は大きくハズレました

 

しかし予想は大きくハズレました。

「佐藤誠」氏がトップ当選の可能性もあると書いたのに…

結果は中程の順位でした。

申し訳ございませんでした。

佐藤誠氏に関して、別地域の人間が断定的に発信したことも反省しています。

選挙名で検索したときにトップに露出していれば、期日前で集票できると単純に考えていました。

 

鹿沼市議会議員選挙2019の予想が大きく間違っていた理由

 

鹿沼市議会議員選挙の予想が外れた理由を、以下に挙げていきます。

1つは選挙当日に選挙ドットコムの広告がなくなっていました。

特定の陣営が広告出稿しているわけではないので、選挙当日も出ると思っていたのです。

2つ目は佐藤氏のネット活用について、あまり調べずに判断してしまったことも問題でした。

選挙ドットコムとFacebookは更新していましたが…

肝心のTwitterとYouTubeには触れられていませんでした。

以上が判断を誤った代表的な理由です。

しかし・・・

選挙名の検索で立候補者を露出する方法は有効だと確信しています。

というのも選挙名で検索する有権者は立候補者名で検索する人の次に多いからです。

松山市議選2018の検索結果

鹿沼市議会議員選挙

愛媛県議選2019の検索結果

鹿沼市議会議員選挙

ですから選挙名で検索したときに…

鹿沼市議会議員選挙

上記の画像のように選挙名で検索したときに特定の立候補者が目立てば、浮動票を獲得できるからです。

 

今後も地方のネット選挙について分析していきます

 

今後も永野は、地方選挙について分析をしていきます。

至らない分析の場合はお叱りください。

必ず成長に活かしていきますので。

地方選挙のネット戦術について言及しているメディアはほとんどありません。

ネット選挙に注目が集まったとしても、国政選挙ばかりです。

しかし普段の生活に影響を与えるのは、地方自治体の施策であり地方選挙で選ばれた議員の理念や力量のはず。

地方を改善する意欲があるけれども、組織や資金の問題で立候補を諦めざるを得ない人たちに向けて、お金も組織も必要のないネット選挙に関する情報を届け続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました