ネット選挙と街頭演説の「決定的な違い」

ネット選挙の効果

選挙の代名詞・街頭演説。

演説を聴いてくれた有権者が反応したりうなずいたりしてくれると、嬉しいですよね?

永野も選挙の撮影に行ったとき、有権者が真剣に話を聴いてくださる姿がとても励みになりました。

しかし…悲しいことに…

街頭演説のそばを歩く有権者の大半は、移動中の人たちです。

演説の内容どころか、立候補者の名前すら記憶に残っていない有権者がほとんどです。

しかし…ネットは違います。

 

ネット選挙は1対1で伝えられる

 

街頭演説は1対多数ですが…

インターネットはスマホの画面を通じて、1対1で伝えることができるのです。

いわれなくてもそんなことはわかってる!

もしそう思った方は逆に読み進めてください。

そう思わなかった方は、このままこのページを閉じていただいて大丈夫です。

 

ネット選挙の効果が見えづらい理由

 

街頭演説はたとえ反応がなくても有権者の顔が見られます。

目の前に有権者がいますから何か成し遂げた気持ちになれますよね?

しかしネットは・・・?

インターネットを使った選挙活動は有権者の顔を見られません。

だから効果があるのか不明でなかなか力を入れられないのです。

 

街頭演説に比べてネット選挙が優れている点

 

でも…このメルマガを見ているあなた。

四六時中スマホをいじってませんか?

気がついたらスマホの画面を常に見ていません?

さらに・・・

もしあなたのスマホに知らない人の動画が流れてきたら…

動画が始まった頭の数秒くらいは見ますよね?

街頭演説だと見向きもしない有権者が…

スマホだと数秒間1対1で見てくれるのです。

このチャンスを使わないのは損だと思いませんか?

 

ネット選挙は立候補者を知らない有権者向けの対策

 

街頭演説は1対多数ですが…

インターネットはスマホの画面を通じて、1対1で伝えることができるのです。

演説の様子をスマホで撮影してSNSやYouTubeにアップする。

それだけでも徹底すると、あなたを知らない有権者にあなたの情報が届き始めるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました