なぜネット選挙対策ではプロフィールが重要なのか?

ネット選挙の効果

ネットで選挙対策をするなら…

まず、キレイなホームページが必要だ。

そんなふうに思って、パンフレットで撮影した写真をリサイクルして見栄えのよいホームページを作ろうとしていませんか?

結論から申し上げると、見かけがキレイなホームページ作成は最優先事項ではありません。

イメージを損なわない程度にスマホで快適に閲覧できればOKです。

最優先すべきは「プロフールの内容」なのです。

今回は、ネット選挙対策にはプロフィールページが重要である理由をお話していきますね。

 

ネット選挙ではプロフィールが政策を雄弁に語る

 

投票に行く意思がある有権者は、立候補者が語る政策や主張の根拠を探しています。

今までどんな人生を歩んできたか?

何をしてきたか?

立候補者の過去や人生そのものが政策や主張の根拠となるからです。

立候補する前は学校の先生だった。

これだけで教育関連の政策に力を入れてくれそうですよね?

政策を長々語っても有権者は根拠がなければ信じません。

もし立候補者が市役所の職員なら…

異動した部署をすべて洗い出し活動を詳細に書いてあげましょう。

政策や主張の根拠が明確になれば投票先として強く意識されるようになります。

 

ネットで公開されている政治家プロフィールの見本

 

愛媛県議会議員に帽子大輔さんという方がいます。

帽子議員のプロフィールは、幼少期から今にいたるまで細かく書いてあります。

プロフィール|帽子大輔 オフィシャルサイト
大いなる風を巻き起こす 帽子大輔 未来へのチャレンジャーでありたい

 

子供のころからの考え方、そして経営者から政治家を志すまでの流れがストーリーのように語られています。

今までの人生と政治が重なる理由が明確なので、有権者は共感しやすくなります。

ネットで公開するプロフィールとして見本になるので紹介してみました。

 

自己紹介の充実の前にSNSを更新してもムダ

 

選挙におけるSNSについて少し補足します。

有権者は立候補者のことを知りません。

ホームページをキレイに作ってSNSをガンガン更新しても…

いきなり知らない人のSNSを見せられても有権者は困ります。

立候補者が今まで生きてきた背景。

その背景がわからなければSNSの投稿も理解できません。

このブログを読んでいるあなた。

知らない人のSNSを見せられて、即座に投稿の内容を理解できますか?

できませんよね。

先程の帽子大輔議員のようにプロフィールが詳しく明確だと、SNSの投稿が理解しやすくなります。

SNSの更新の前に先にプロフィールを充実させてネット選挙対策をしていきましょう。

 

最優先すべきネット選挙対策はプロフィールの充実

 

選挙にきれいなホームページは不要です。

イメージを損なわない程度でスマホで快適に閲覧できればOK。

とにかくプロフィールを充実させましょう。

有権者が必要としている情報は政策や主張そのものじゃない。

政策や主張の「根拠」なのです。

その根拠こそがプロフィールです。

ぜひ立候補者のホームページ制作に活かしてみてくださいね。

 

ネット選挙対策におけるプロフィールの重要性を動画でも解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました