最大のネット選挙対策は有権者への「思いやり」である理由

ネット選挙の効果

インターネットを使った政治の情報発信が盛んになる中、

「動画の時代です!」

「動画撮れば選挙に勝てます。」

そんな言葉を聞くことがあります。

間違いではないのですが・・・

動画を撮る、というのはあくまでも「手段」です。

有権者に配慮しない方法で動画を撮影すること自体にあまり意味はありません。

 

ネットを通じて有権者を大切にするれいわ新選組の情報発信

 

ここで、れいわ新選組の動画を見てください。

https://v.reiwa-shinsengumi.com/activity/3267/

 

動画を全部文字起こししています。

これ、とても大変な作業なんです。

ちなみに文字起こしは耳が聞こえない人向けだけの施策ではありません。

動画は音や振動・映像で言葉以外のさまざまな情報を伝えられます。

しかしずっと見ていないと内容を理解できません。

しかし文字にすると有権者が知りたい部分から読み始められます。

永野も過去3回の選挙で演説を文字起こししました。

松山市議選2018

松山市議選2018の立候補者として出陣式! | 松山市議会議員選挙2018 立候補者 松波ゆう大
2018年の松山市議選に正式に立候補して、銀天街大街道で出陣式の演説をした松波ゆう大です。

 

愛媛県議選2019

かくだともえが政治を目指す理由とは? – 【愛媛県議会議員】かくだともえ公式サイト
【文字起こし】愛媛県議会議員選挙に向けて立候補予定で活動しています、かくだともえです。今回はわたしの政策提案の元になる離婚直後の親子のサポートについてお話をしていきます。

 

参議院選挙2019

理由は「有権者ファースト」です。

文字で読みたい有権者に向けて、全文を文字起こししました。

 

選挙で有権者を動かすのは立候補者のホスピタリティ

 

有権者が心動かされるのは、立候補者の個性や政策だけではありません。

有権者への思いやり…

つまり「ホスピタリティ」によっても心を動かすことができるのです。

インターネットはスマホを通じて一度にたくさんの人たちに立候補者の思いやりを届けることができます。

スマートフォンの画面を通じて、有権者と立候補者は1対1になるのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました