ネット選挙の事例

緊急事態宣言で集会も握手もできない・演説に人が来ない中、ネット選挙のリモートサポートをフル活用し倉敷市議会議員補欠選挙で2位に2400票の大差でトップ当選した話

4月26日の23時58分。 中学生と高校生の3人の子育てをしながらシングルマザーの立場で立候補した小郷ひな子さんが、倉敷市議会議員補欠選挙でトップ当選を果たしました。 2位の当選者に2400票の大差をつけた、完全勝利でし...
ネット選挙の事例

アフィリエイターがネット選挙参謀になって35歳の無所属新人がいきなり4位で選挙に勝利した話【序章】

「今思えば、ネットがなかったら立候補したかどうかも怪しいです。」 2018年4月29日に行われた松山市議会議員選挙。 無所属新人ではじめて選挙に立候補し、5165票 (全体得票数で4位・無所属新人で1位)で見事当...
ネット選挙の事例

アフィリエイターがネット選挙参謀になって組織もない・お金もない・政党に所属していないパートのシングルマザーが愛媛県議会議員選挙に当選した話

2019年4月7日深夜。 あと10分で日付が変わるタイミングで、角田智恵(かくだ ともえ)さんが愛媛県議会議員選挙に当選しました。 角田さんの陣営には何もありませんでした。 どれくらい何も無いかというと、 ・...
やってはいけないこと

有権者がネット選挙でやってはいけないこと

このページでは、有権者はメールでの選挙運動禁止などネット選挙運動でやってはいけないことをまとめています。さらに落選運動などネット選挙で禁止されていない認められている有権者の活動についても解説してみました。
ネット選挙の事例

埼玉県知事選挙のネット選挙事例の考察

2019年8月25日に執行された埼玉県知事選挙におけるネット選挙対策について、当選した大野元裕氏と落選した青島健太氏を比較し効果的なネット選挙対策について具体的に解説しています。
ネット選挙の事例

鹿沼市議会議員選挙2019・ネット選挙事例の考察

2019年9月1日に行われた鹿沼市議選に関して、ネット選挙にフォーカスして分析してみました。
ネット選挙の効果

なぜネット選挙対策においてYouTubeが強いのか?

NHKから国民を守る党が選挙でYouTubeを多用する理由から、なぜネット選挙対策でYouTubeが重要なのか?理由を解説しています。
ネット選挙の効果

なぜネット選挙対策ではプロフィールが重要なのか?

ネット選挙対策でもっとも大切なのはプロフィールを充実することです。SNS更新よりもYouTubeの動画アップよりも、選挙でネットを活用するならプロフィールを充実すべき理由をわかりやすく解説しました。
ネット選挙の効果

選挙ではホームページのスマホ最適化が必須

立候補者のホームページがスマートフォンで見たときに見やすくなっていますか?パソコンで見やすくてもスマホで見ずらいと有権者に与えるイメージが悪くなります。
ネット選挙の効果

地方のネット選挙対策はSNSよりも検索が大事

立候補者が数十名を超える地方選挙では、SNSを活用するよりネット検索対策が有効です。なぜ地方選挙ではネット検索が重要なのか?理由を詳しく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました