やってはいけないこと

有権者がネット選挙でやってはいけないこと

このページでは、有権者はメールでの選挙運動禁止などネット選挙運動でやってはいけないことをまとめています。さらに落選運動などネット選挙で禁止されていない認められている有権者の活動についても解説してみました。
ネット選挙の事例

埼玉県知事選挙のネット選挙事例の考察

2019年8月25日に執行された埼玉県知事選挙におけるネット選挙対策について、当選した大野元裕氏と落選した青島健太氏を比較し効果的なネット選挙対策について具体的に解説しています。
ネット選挙の事例

鹿沼市議会議員選挙2019・ネット選挙事例の考察

2019年9月1日に行われた鹿沼市議選に関して、ネット選挙にフォーカスして分析してみました。
ネット選挙の効果

なぜネット選挙対策においてYouTubeが強いのか?

NHKから国民を守る党が選挙でYouTubeを多用する理由から、なぜネット選挙対策でYouTubeが重要なのか?理由を解説しています。
ネット選挙の効果

なぜネット選挙対策ではプロフィールが重要なのか?

ネット選挙対策でもっとも大切なのはプロフィールを充実することです。SNS更新よりもYouTubeの動画アップよりも、選挙でネットを活用するならプロフィールを充実すべき理由をわかりやすく解説しました。
ネット選挙の効果

選挙ではホームページのスマホ最適化が必須

立候補者のホームページがスマートフォンで見たときに見やすくなっていますか?パソコンで見やすくてもスマホで見ずらいと有権者に与えるイメージが悪くなります。
ネット選挙の効果

地方のネット選挙対策はSNSよりも検索が大事

立候補者が数十名を超える地方選挙では、SNSを活用するよりネット検索対策が有効です。なぜ地方選挙ではネット検索が重要なのか?理由を詳しく解説しています。
ネット選挙の事例

柏市議選の結果から見る最優先すべきネット選挙対策とは?

地方選挙で最優先すべきネット選挙対策について解説しています。
ネット選挙の事例

愛媛選挙区における参議院選挙2019・インターネット選挙対策振り返り

参議院選挙負けました。 らくさぶろう氏の陣営のもと、インターネット選挙参謀としてすべてのインターネット媒体を管理し発信しました。 しかし結果は敗北。 インターネット選挙対策における敗北の最大理由。 それは松山市議会議...
ネット選挙の事例

衆議院補欠選挙・大阪12区の分析

2019年4月21日に行われた大阪12区の衆議院補欠選挙を、「インターネット検索」の側面から分析してみました。
タイトルとURLをコピーしました